外科

手術について

当院では麻酔準備から手術後に至るまで慎重に、可能な限りリスクを減らすことができるよう手術を行っております。

山崎どうぶつ病院では年間多くの動物達に麻酔を使用して様々な手術・処置・検査を行っております。
私たち病院スタッフも何も術前検査無しに麻酔をかけるのは心配です。
しかし術前検査(血液検査など)を行うことでワンちゃんやネコちゃんの外から見たのでは判らない異常を麻酔前に発見できることも少なくありません。また、たとえ異常があったとしても事前にそれが把握できていれば麻酔方法を工夫することで安全に麻酔や手術が可能になることもあります。

また手術難易度が高い外科症例については専門医を招聘しての手術もおこなっております。

痛みに対するケアーについて

動物の痛みについても真剣に考えております。

動物達は、言葉などで痛みを私たちに正確に伝えることができません。
当院では病気や治療時に発生する「痛み」をに最小限に出来るように考えております。
«お薬などにより痛みの管理をおこなう(ペインコントロール)»ことで動物達に以下のようなメリットがあります。

  • 使用する麻酔量を減らすことができます。
  • 麻酔が安定し、手術の危険性を減らすことができます。
  • 手術後の回復が早くなります。

『この子は、もう高齢だから・・・』と麻酔処置をあきらめていたり、お悩みのは、まず、麻酔に耐えられる状態かを判断させて頂くために、一度診察時にご相談ください。
高齢であっても安全に麻酔・手術へと進められている子はたくさんいます。 無理強いは決して致しませんのでご安心ください。

当院での手術実績

不妊手術 去勢手術

軟部外科

鼻孔拡大術 胃切開術 腸管切開術 腸管吻合術
その他の腹部外科 胃捻転整復術 脾臓摘出術 肝葉切除術 腎臓切開術 腎臓摘出術
臍ヘルニア整復術 そけいヘルニア整復術 腹壁ヘルニア整復術 横隔膜ヘルニア整復術
会陰ヘルニア整復術 膵臓部分切除術 肝葉切除術 各種尿路変更術 肛門嚢摘出術
乳腺腫瘍摘出術 肺葉切除術 心内ペースメーカー植込術 など

整形外科

各種骨折整復術 膝蓋骨脱臼整復術 各部脱臼整復術 前十字靱帯整復術
片側椎弓切除術(椎間板ヘルニア)
断脚術 断尾術 など

口腔外科

口蓋裂整復術 口腔内外傷縫合術 口腔内腫瘤切除術 など

ページ先頭へ戻る

  • 不妊・去勢手術
  • ペットホテル
  • 求人情報
  • 山崎どうぶつ病院ブログ
  • 日本臨床獣医学フォーラム