ペットホテル

ホテルのご利用前に・・・

私たちは、オーナー様が安心して当院のホテルをご利用できるよう、衛生管理はもちろん、動物の個々に合わせたお世話をさせて頂きたいと考えております。
その為、ホテルのご利用は当院、受診歴のある方のみとさせて頂いております。
動物は生き物なので、そのこの健康状態、既往歴、予防歴、性格、普段の生活習慣などを把握させて頂きたいと思います。
当院に全く受診されたことの無いオーナー様は、予めお電話でご連絡の上、ホテル前診察を受けて頂きますようお願い申し上げます。
その際、ホテルご利用にあたり、お約束をして頂きたい項目がいくつかございますので、「ホテルのご案内(規約)」ご一読頂き、ご理解ご了承を承りたく存じます。
何卒、宜しくお願い申し上げます。

山崎どうぶつ病院

当院のペットホテルについて

当院では動物達が快適に過ごせるように衛生面やメンタル面に配慮しながらお預かりしております。
冷暖房完備ですので夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。
ウサギさんやフェレット、ハムスターなどの小動物も宿泊可能です。

動物達はお預かりで環境が変化することによりお預かり中や帰宅後に体調を崩してしまうこともあります。病院であればその際にも必要な検査、治療により迅速に対応することが可能です。

予防について

ワンちゃん猫ちゃんはお預かりに当たりご家族の方に同意書へのサインをお願いしております。
またお預かり中の院内感染の予防のために基本的な予防の確認をさせていただいております。

食事について

当院では健康なワンちゃん猫ちゃん達に適した維持食や処方食まで多種の食事をご用意しています。普段食べ慣れているものがありましたらお持ちください。
ウサギさんやフェレットハムスターなどの小動物の子達は各自ご持参いただくようお願い致します。

お散歩

ワンちゃんは基本的に朝・昼・晩当院スタッフが一緒に外にお散歩致します。

***ホテルのご案内(規約)***

<お願い>

  • 混合ワクチン・狂犬病ワクチン接種を一年以内に受けていること。ホテル中に切れてしまう場合は、追加接種をお願い致します。
    当院で接種されていない方は、証明書の提示をお願い致します。
  • ノミ・ダニ予防を1ヶ月以内に処置していること。但し、動物病院で取り扱っている商品に限らせて頂きます。
    未予防の方は、前日までに処置してからのお預かりとさせて頂いております。
  • 万一お預かり期間中に具合が悪くなったり、また気になる所見があった場合は、ご連絡、相談の上必要な診察、検査、治療をさせて頂きたいと思いますので、必ず連絡の取れる緊急連絡先をお知らせ下さい。
    *その際、かかった治療費などは別会計となりますので、予めご了承下さい。
  • ホテル料金は、前金制とさせて頂いております。
  • ホテルのお預かり、お迎え時間は、診察時間内でお願いをしております。
    万一、診察終了時間に、お迎えが間に合わない場合は、翌日に変更をお願いしております。
    お迎え時間が遅れる場合は、恐れ入りますが必ず、お電話でご連絡下さい。尚、診察時間を過ぎますと留守番電話となってしまいますので、その場合はメッセージをお残し下さいますようお願い申し上げます。

<持ち物>

  • お食事(処方食の方・食事を変えるとお腹を壊しやすい方)お泊まりの日数分をお持ち下さい。
    万一、食の進まないこは、お腹に優しいタイプの缶詰などをご用意しておりいます。その他、個々の体調に合わせた食事を与えさせて頂きます。その際、使用した缶詰は、恐れいりますが別会計とさせて頂きますので予めご了承下さいませ。
  • 内服薬・外用薬を処方されている方。但し、持ち込みは当院で処方させているお薬のみとさせて頂きます。
    点眼処置料、インスリン接種料、などは別料金となりますので、ご了承下さい。
  • エキゾチックの方は、動物のストレスを軽減するため普段生活しているゲージとお食事をお持ち下さい。
    また普段お世話をしている方法をメモしてお持ち頂けると大変助かります。
  • 怖がりなワンちゃん、猫ちゃんは、ご自宅の匂いの着いた汚れても良い毛布、動物用ベッドをご持参下さい。
  • ペットシーツでしか排尿しないワンちゃんは、お泊まり日数X2のペットシーツをお持ち下さい。
    病院にも準備がございますが、別料金となりますので、ご了承下さい。
    ワンちゃん用トイレも持ち込みOKですが、あまり大きすぎるとお泊まり部屋のサイズをアップしないといけない為、その分、ホテル料金もアップしますのでご了承下さい。
  • 排泄の心配な猫ちゃんは、自分の匂いの着いたトイレの砂をお持ち下さい。また、砂を変えると排泄しない可能性のある猫ちゃんは、お泊まりに必要な分、トイレのお砂をご持参下さい。
  • 上記以外の方はおもちゃ・おやつ・食器などのお持ち込みをご遠慮頂いております。

お預かり期間中は、スタッフ一同、心をこめてお世話をさせて頂きます。

猫ちゃんのお預かりについて

環境の変化に敏感な猫ちゃんは、ストレスが軽減するよう個々の性格に合わせた配慮をしています。

  • 猫ちゃんが安心出来るよう、自分のキャリーケース、マット、毛布、ベッドを各お部屋に入れてあげます。
  • 環境に慣れてきたこは、少しゲージから出してフリータイムを作ります。猫のおもちゃで遊ぶこともあります。
  • 猫ちゃんのお部屋は基本個室です。
  • 猫ちゃんの体のサイズの約2倍以上のお部屋(ケージ)を利用しています。

猫ちゃんの入院時にも安心

猫ちゃんの入院室には拡散タイプの猫フェイシャルホルモン類似化合物製品を使用するなど入院生活のストレス軽減に配慮しております。

※猫フェイシャルホルモンとは?
猫の頬から分泌され、猫の生活圏内の物、人、他の猫などにこすりつけることで相手の猫に慣れ親しんでいることをアピールするものといわれています。 相手の猫はこれをじょ鼻器という器官で受容し、平和な同種間コミュニケーションに役立つと考えられています。

ページ先頭へ戻る

  • 不妊・去勢手術
  • ペットホテル
  • 求人情報
  • 山崎どうぶつ病院ブログ
  • 日本臨床獣医学フォーラム