設備ツアー

山崎どうぶつ病院の医療機器を始めとする設備をご紹介します。
様々な医療設備を用いて、獣医療の質の向上に努めています。

  • 歯科用エックス線装置

    歯科用エックス線装置は通常のエックス線装置で診断困難な口腔疾患(抜歯適応の診 断,口腔内収容,顎骨の骨折など)も正確かつ詳細に診断することが可能です。

  • メガディクセル

    メガディクセルはCCDセンサーを使用した高解像度、高階調の歯科用デジタルX線画像 診断システムです。

  • 歯科ユニット

    歯科処置に必要なインストルメントが1台にまとめられており効率よく質の高い歯科処置をおこなうことができます。
    以下のものが同時に使用可能です。

    高速タービン
    迅速に歯の切断が可能です。

    低速タービン
    高速に比較してトルクがあります。ポリッシング作業のときなどにも使用します。

    超音波スケーラー
    超音波の振動を利用して歯石を砕いて除去します。

    オーラルスリーウェイシリンジ
    レバー操作によりスプレー、中性水、エアーで洗浄や乾燥が可能です。

    バーキュームシリンジ
    口腔内の液体を吸引除去します。

  • ICUステーション

    手術などで麻酔覚醒後や重症の動物たちの入院管理に使用します。
    ケージ内の温度や湿度はもちろん部屋の中の酸素濃度を酸素発生装置でコントロールすることが可能です床の半分にはヒーターが内蔵されています。

  • 超音波メス

    超音波の振動エネルギーによって、組織・血管等を炭化に至らないレベルで加熱・凝固させた後で切開を行うことができる優れた装置です。これにより以下の様なメリットがあります。
    ・手術時間が安全により迅速におこなえるようになります。
    ・縫合糸を使用しないで患部の止血、摘出などが可能です。
    ・術後の痛みも少なくしてあげることができます。

  • 超音波診断装置

    レントゲンの画像だけでは評価できない体内の各臓器の形や、心臓の動きを体に負担をかけずに調べることができます。妊娠診断にも使います。
    カラードップラーで心臓内の血液の流れをカラーで表示したり、血流の速度を測定したりすることで心臓病の診断に役立ちます。
    また、エコー写真をとるだけでなくデジタルで動画などのデータを保存することができるようになりました。

  • 自動血球計算機

    白血球、赤血球、血小板などの血液中の細胞の数を調べます。

  • 生化学自動分析装置

    血液中の酵素や物質を測定し、腎臓や肝臓、骨代謝に異常がないかを調べます。

  • 電解質分析装置

    血液中の電解質のバランスを調べます。

  • CR

    デジタル処理によるレントゲン現像システムです。フィルムが必要なくなりデータで画像を管理できます。院内3箇所のパソコンモニターで表示することができますので、過去の画像と比較したり、写真の拡大等を行い、症状の説明をします。 現像の時間がない分、今までよりも早く診断することができるようになりました。

  • 麻酔モニター

    麻酔処置中の生体の状態を把握するために使います。
    心電図や血圧、呼吸数、体温、血液中の酸素、呼気中の二酸化炭素などをリアルタイムに監視することができます。

  • デオシャワー
    強い消毒効果のあるオゾン水を作ることができます。傷口の消毒や、皮膚病の治療に使います。
    耳鏡
    耳の中の様子を調べます。
  • 検眼ライト

    角膜の表面や、断層像などを観察し、眼の検査を行います。

  • スリット鏡

    目の診察をするときに使用します。目の表面の傷や逆さまつ毛などを見つけます。また角膜の奥の構造を見ることができるので白内障等の診断にも使用します。

  • 半導体レーザー

    レーザーで止血しながら組織を切開することができるので少ない出血で痛みの少ない手術を行えます。
    また低出力レーザーとして椎間板ヘルニアや関節炎などの痛みやを和らげる治療にも使うことができます。

  • 電気メス

    手術のときに使います。組織から出血の凝固や切開などにとても役立ちます。細かい血管がたくさん通っている組織はただ切開しただけでは出血してしまいます。電気メスで出血を抑えながら手術を行うので手術時間を短縮することができます。

ページ先頭へ戻る

  • 不妊・去勢手術
  • ペットホテル
  • 求人情報
  • 山崎どうぶつ病院ブログ
  • 日本臨床獣医学フォーラム