お知らせ

2019年10月1日からの消費税増税に伴う診療料金・薬剤・フード価格についてのご注意

2019年10月01日

消費税法の改正に基づき

2019年10月1日より消費税率が8%から10%に引き上げられます

 

これに伴い、誠に恐縮ではございますが

当院の診療料金を2019年10月1日より

消費税率を8%から10%に改定させていただくとともに薬剤、フードなどの

原価値上げに伴い一部診察料金を変更させていただきます。

 

皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが

何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます

 

ホテルご利用の方

ペットホテルを9月から10月に跨がってご利用の場合には

9月30日までと10月1日以降でホテル料金の税率が異なりますので

ご注意をお願い申し上げます

 

フードご注文の方について

9月中にご注文いただきました場合でも

入荷・お受け取りが10月になる場合は

消費税10%の適応となります

充分ご注意下さい

2019年10月1日からの消費税増税に伴う

診療料金・薬剤・フード価格についてのご注意

消費税法の改正に基づき

2019年10月1日より消費税率が8%から10%に引き上げられます

これに伴い、誠に恐縮ではございますが

当院の診療料金を2019年10月1日より

消費税率を8%から10%に改定させていただくとともに薬剤、フードなどの

原価値上げに伴い一部診察料金を変更させていただきます。

皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが

何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます

ホテルご利用の方

ペットホテルを9月から10月に跨がってご利用の場合には

9月30日までと10月1日以降でホテル料金の税率が異なりますので

ご注意をお願い申し上げます

フードご注文の方について

9月中にご注文いただきました場合でも

入荷・お受け取りが10月になる場合は

消費税10%の適応となります

充分ご注意下さい

新しい超音波(エコー検査)診断装置

2019年07月10日

超音波(エコー検査)診断装置が新しくなりました。既存の装置より格段に性能がアップしています。心エコー検査や腹部エコー検査でよりよい診断を提供します。

春のフィラリア予防キャンペーン!

2019年05月07日

4月1日から6月30日までワンちゃんのフィラリア予防キャンペーンを行っています。

フィラリア予防キャンペーン

ウサギさんと上手に暮らす飼育方法啓蒙セミナー

2018年11月20日

飼い主様が参加できる!ウサギさんと上手に暮らす飼育方法啓蒙セミナーが開催されます!

 

 

日時:12月17日(月) 19:30〜20:30+α(21時頃終了予定)
場所:山﨑どうぶつ病院2階セミナールーム
講師:霍野 晋吉(エキゾチックペットクリニック)

 

2019年カレンダー

2018年11月16日

ただいま診療で来院された飼い主様ご家族に来年のカレンダーを差し上げております。

 

ワンちゃん版 300部 ねこちゃん版 200部

 

在庫部数がなくなり次第終了となります。
よろしくお願いいたします。

キャンペーンのお知らせ(7月末まで)

2018年07月05日

猫ちゃんのフィラリア予防キャンペーン

春のフィラリア予防キャンペーン!

2018年04月22日

4月1日から6月30日までワンちゃんのフィラリア予防キャンペーンを行っています。

猫ちゃん健康診断キャンペーン!

2018年01月05日

1月〜2月末まで猫ちゃん健康診断キャンペーンを行っています。

猫ちゃん健康診断キャンペーン

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について

2017年11月01日

ニュースでも報じられましたが、猫からの感染に続き、犬からも、人へのSFTS(重症熱性血小板減少症候群)の感染事例が報告されました。

 

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について


今般、発熱・衰弱等に加え、血小板減少等の所見が見られた飼育ネコ及び飼育イヌの血液・糞便からSFTS ウイルスが検出された事例、並びに体調不良のネコからの咬傷歴があるヒトがSFTS を発症し死亡した事例が確認されました。
発症したネコやイヌの体液等からヒトが感染することも否定できないことから、SFTS を含めた動物由来感染症の感染を防ぐために、体調不良の動物等と接する機会のある人は動物を取り扱う際には手袋や防護衣等による感染防御が勧められています。
マダニ

 

【予防方法】

 

マダニに咬まれないことが重要です。

1 草むらや山など、マダニが生息する場所に入る際は、長袖・長ズボン、手袋、首にタオルを巻くなど肌の露出を避けましょう。
2 屋外活動後は入浴しマダニが付着していないか確認しましょう。
3 マダニに咬まれた場合は、無理に引き抜こうとせず、医療機関で処置してもらってください。
4 マダニに咬まれた後に発熱等の症状があった場合は、直ちに医療機関を受診しましょう。その際、ペットの健康状態についても、主治医に伝えましょう。
5 ペットが体調不良の際は、直ちに動物病院を受診しましょう。
6 飼育犬、猫については、ノミ・ダニの駆虫薬を定期的に投与してください。
7 SFTSを含めた動物由来感染症の感染を防ぐために、ペットとの過剰なふれあいを控えてください。
8 野生動物は、どのような病原体を保有しているか分からないので、野生動物との接触は避けましょう。
※なお、マダニによる感染症は、日本紅斑熱などもあるので、マダニに咬まれないように注意してください。

 

厚生労働省のSFTSについてのページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000169522.html

2 / 512345
  • 不妊・去勢手術
  • ペットホテル
  • 求人情報
  • 山崎どうぶつ病院ブログ
  • 日本臨床獣医学フォーラム